『その着せ替え人形は恋をする』コスプレ×不器用ラブコメ!

『その着せ替え人形は恋をする』はヤングガンガンにて、2018年から連載中の青年漫画です。
直接的なエロはないものの、際どいコスプレにドキドキ・悶々とする主人公の描写はいい感じに色っぽさを感じられます。
コスプレがメインで恋愛的展開はかなりのんびりではありますが、とにかく主人公とヒロインの二人が可愛くて、最近お気に入りの作品です!

こんな人におすすめ!
  • コスプレが好き
  • ギャルと地味系男子の絡みが好き
  • 男子高生の悶々さが好き

『その着せ替え人形は恋をする』あらすじ

一言あらすじ

別世界の人間だと思っていたクラスのギャルは、コスプレ好きなオタクだった。

雛人形職人の孫で、自身も雛人形の頭師を目指す五条新菜(わかな)は、自分の趣味が周りとは浮いていると感じ高校に入っても周りに馴染めず友達も作れず地味に過ごしていました。
クラスメイトの喜多川海夢(まりん)はオープンな性格の美少女ギャルですが、アニメキャラが好きだということをはっきり主張できる彼女を見て、新菜は「同じ教室の中で自分とは真逆の世界で生きている人がいる」と感じていました。
ある日自宅の古いミシンが故障したことで、雛人形の衣装を作れなくなった新菜は学校の家庭科室のミシンを使うことにします。
一人で楽しく衣装を作りながら落としてしまった雛人形に声を掛けていると、海夢が突然家庭科室にやってきて、新菜が雛人形と話しているところを見られてしまうのでした。

さて、ここからはネタバレを含みますのでご注意くださいね。

『その着せ替え人形は恋をする』ネタバレあらすじ

落とした雛人形に声を掛けているところを見られた新菜は「しまった…」と思いますが、海夢の反応は思いもよらず「すっごーい!!」とテンションを上げてきました。
新菜の手の中の雛人形を見た海夢は「めっちゃキレ―じゃん…っ! 目キラキラしてる」と言います。
幼少の頃に自分の雛人形趣味を否定されてトラウマを抱いていた新菜は、自分の好きなものを初めて褒めてもらえたと内心で喜びます。
海夢に雛人形を自分で作ったのかと尋ねられ、自分はまだ服を作るぐらいしか出来ないと答える新菜。
その言葉を聞いて海夢は突然自分の服を脱ぎ、動揺する新菜に「向こうむいてて」と言い、着替え始めます。
何が起こっているのかとドキドキする新菜。
着替え終わり、海夢に声を掛けられた新菜が振り向くと、見知らぬ衣装を来た海夢が恥ずかしそうに立っていました。
「まだ途中なんだけど…どーかな?」と海夢に尋ねられますが、新菜は状況を掴めません。
そんな新菜に海夢は自分のスマホを差し出し、「その服を作った」と本来の衣装の写真を見せます。
その写真と実際に海夢が着ている衣装のギャップに衝撃を受けた新菜は思わず、「ふざけてますか?」「狙っても普通ここまで下手に出来ませんよ!!」と言ってしまいます。
勢いで衣装にダメ出しを続ける新菜ですが、ふと気付くと海夢は涙目になっていました。
土下座して謝罪する新菜に、海夢はこの衣装は自分がコスプレをしたくて作ったと告白します。
漫画やアニメ、ゲームのキャラと同じ格好がしたい、それは究極の愛だと語る海夢。
自分の家にミシンがないから放課後に家庭科室で衣装を作っていたと語り、新菜に自分のコス衣装を作ってほしいと頼みます。
戸惑う新菜ですが、頭の中に自分の雛人形を褒めてくれたり、自分の趣味を否定しない海夢の言葉が過り、海夢のコス衣装作りを引き受けるのでした。
心から喜ぶ海夢が口にしたそのキャラが登場する作品は「聖♡ヌルヌル女学園 お嬢様は恥辱倶楽部 ハレンチミラクルライフ2」というものでした。
海夢はやりたいコスプレは人気のエロゲーに登場するキャラだったのです。

『その着せ替え人形は恋をする』見どころ3選

コスプレ度 ★★★★★

コスプレがテーマの作品なので当たり前ですが、登場するコスプレがどれも可愛らしく、衣装を作る様子も見ていてとても楽しいです!
絵柄もとても綺麗で可愛らしく、コスプレシーンはかなり映えます。
衣装の作り方やメイクについても試行錯誤して作っていく様子はとても面白いです。

悶々としたエロ ★★★★★

直接的なエロシーンはないものの、かなり際どい衣装による新菜の悶々とした表現は十分に萌えることができます。
寧ろ一緒に妄想してしまったり悶々とすることで、逆にエロさを感じられるかもしれません。
また、女性の肉質がとてもよく描かれていて、胸やお尻、足の表現がとても色っぽいです。
海夢がかなりあっけらかんとした性格なので、コスプレの為なら自分の身体の採寸も新菜に任せられてしまうのですが、新菜はそれにより非常に悶々としてしまいます。
しかしふとした時に新菜も恥ずかしさを表に出して顔を赤くさせるのですが、新菜はそれにはあまり気付きません。
こうした悶々とした感じが、想像力を掻き立てられるのかもしれません。

ラブコメ展開 ★★★★☆

最初のコスプレを無事に終わらせられた後、海夢は新菜のことを好きになります。
そこから海夢は新菜のことを意識して、事あるごとに内心で「しゅきいいいい」となるのですが、新菜はまだ海夢に対しては恋というものを自覚していません。
コスプレを通じてその関係が発展していくか…というと、そこはなかなか進まないのがもどかしいところ。
やはりメインはコスプレなのです。
とはいえ海夢とはまた違うコスプレイヤーが登場し、新菜との距離を縮めたりとラブコメ要素は多め。
悶々・もどかしい、とかなりじれったい感じがするのですが、海夢は天真爛漫でとても良い子ですし、新菜も真面目な良い子ですし、他に登場するキャラも悪い子は出てこないので、安心してニヤニヤと読めるのがいい作品だと思います!

『その着せ替え人形は恋をする』を電子書籍で読む

「ebook japan」で読んでみる

その着せ替え人形は恋をする第1巻

『その着せ替え人形は恋をする』1巻 著者:福田晋一
価格:628円(税込)

今すぐ読んでみる

その着せ替え人形は恋をする第2巻

『その着せ替え人形は恋をする』2巻 著者:福田晋一
価格:628円(税込)

今すぐ読んでみる

その着せ替え人形は恋をする第3巻

『その着せ替え人形は恋をする』3巻 著者:福田晋一
価格:660円(税込)

今すぐ読んでみる

その着せ替え人形は恋をする第4巻

『その着せ替え人形は恋をする』4巻 著者:福田晋一
価格:660円(税込)

今すぐ読んでみる

その着せ替え人形は恋をする第5巻

『その着せ替え人形は恋をする』5巻 著者:福田晋一
価格:660円(税込)

今すぐ読んでみる