『お嬢とヤクザ~若頭の愛撫は甘いが猛々しい』人気の任侠ものTL!

『禁断Lovers』で掲載されていたTL作品でコミックスは全1巻のようです。
ヤクザの若頭と、お嬢の恋愛モノは少女漫画でも人気のテーマですよね!
割とシンプルでシャープな絵柄が、ヤクザという大人っぽさとダークな雰囲気にマッチしていると思いました。

こんな人におすすめ!
  • 任侠好き
  • 大人で力強い男性が好き
  • 敬語萌え

『お嬢とヤクザ~若頭の愛撫は甘いが猛々しい』あらすじ

一言あらすじ

極道の跡取りツンデレ娘と、忠誠心が強すぎる冷静沈着な若頭。

都築組の組長の一人娘である都築陽花里は、10歳以上年上の若頭である不破彰人に片想いをして6年。
毎年不破への誕生日プレゼントを用意するものの渡せずにいますが、今年も変わらず誕生日プレゼントを用意していました。
今年こそはと意気込む陽花里ですが、不破は「お嬢はオヤジさんの大切な一人娘。何があってもお守りします」と子ども扱い。
不破は父親の命令で仕方なく自分の面倒を見ているだけだと思うと、勝気な性格も災いしてプレゼントも渡せずにいるのでした。

さて、ここからはネタバレを含みますのでご注意くださいね。

『お嬢とヤクザ~若頭の愛撫は甘いが猛々しい』ネタバレあらすじ

中学生の頃、家が極道であるが故に周りから遠巻きにされ荒れてしまった陽花里。
同級生に手を上げてしまい、極道である家や父親のことを否定した陽花里の頬を打ち窘めたのが不破でした。
その頃から不破へ想いを寄せる陽花里は、不破に告白すると意気込みます。
そんな折、昔から都築組とは小競り合いが絶えない存在の東郷組に、組員が因縁をつけられ怪我をしてしまいます。
即座に行動を起こす不破を心配する陽花里の耳に、不破が入れ込んでいる女に会いにクラブ通いをしているが、こういう時はさすがだという噂話が入ります。
最近不破があるホステスに会う為に高級クラブに通っていることを知った陽花里は、気になってそのクラブまで足を運びます。
クラブの前まで来ると丁度不破が店から出て来て、噂の女性に見送られているところでした。
焦ってその場で転ぶ陽花里に、噂の女性、咲子がハンカチを差し伸べます。
綺麗で優しい咲子に勝ち目がないと感じ、公園のブランコに座りながら涙を流す陽花里。
心配して迎えに来た不破に「子ども扱いされるのはもう嫌なの!!」と叫び、「私はもう大人の女なの…だから私にキスをしなさい!」と命令してしまいます。
こんなの対抗意識だけだ…と我に返り「こういうところが子どもなのよね」と言う陽花里の口を、不破の口が塞ぎます。
キスしろと言ったのはお嬢です。やめては無しですよ」と言い、激しく舌を絡ませる不破。
そして何事もなかったかのように「車に乗ってください」と告げます。
憧れていた愛する人との初めてのキス…甘酸っぱいどころかこんなに苦いものだなんてー。
その日から陽花里は落ち込み、不破とも気まずくなってしまっていました。
落ち込みながら大学へ行こうとする陽花里は、道中見知らぬ男に襲われ拉致されてしまいます。
見知らぬ男は東郷組の組員でした。
乱暴されそうになったところ、ドアを蹴破って乱入してきた不破。
その場を制すると東郷組の組員は「咲子に…俺の女にちょっかい出しやがって」と言い放ちます。
男は不破の噂の相手、咲子の恋人でした。
そこで不破は東郷組の組員が隠し持っていた武器の居場所を探る為に咲子に近付いたことを明かします。
その場を片付け無事に家に戻った不破と陽花里。
不破がとても心配した様子だったことで、陽花里は渡せなかった誕生日プレゼントを私、不破への気持ちを伝えるのでした。
「やっぱり子どもだから、全然不破に釣り合わない。気持ちを伝えてちゃんと吹っ切ろうって…」と言う陽花里に、「吹っ切ってしまうんですか」とキスをする不破。
陽花里の気持ちには気付いていたが、まっとうな相手と一緒になってほしいと家を出たことを告げる不破に、陽花里は「私が欲しいのは不破だけ。大好きなの…!」と顔を赤らめて訴えます。
「完敗だ…」と呟くと、そのまま不破は陽花里を押し倒すのでした。

『お嬢とヤクザ~若頭の愛撫は甘いが猛々しい』見どころ3選

大人の男度 ★★★★★

主人公の陽花里とは10以上も年上の不破。
ヤクザの若頭という設定も相まってか、かなり落ち着いた大人の男という感じがします。
強面ではありますが、陽花里に対しての優しい表情やセックス中の表情はかなりセクシー。
陽花里がまだ21歳なので少し子どもっぽく恋愛に夢中になってる感じはありますが、それを諫めて「聞き分けてください」と言う大人な態度には安心すらできます。
セックスも毎回不破がリードしているので、余裕のある大人な男性好きの方にはおすすめです。

敬語萌え ★★★★★

不破は都築組の若頭、陽花里は組長の娘のお嬢ということで、ちょっとした主従関係の二人。
不破は10以上も年下の陽花里にずっと敬語で丁寧に接します。
強面の不破が年下の女の子に敬語で話し続ける様子は、敬語萌えの方には溜まらないのではないでしょうか。
二人きりの時やセックスの最中には敬語がなくなり、男らしく囁くギャップもいい感じです。

エロ描写 ★★★☆☆

毎話必ずエッチシーンはありますが、描写としては割とあっさり目に感じられます。
前回の記事で同じ『禁断Lovers』の掲載作品を紹介しましたが、そちらと比べるとかなりマイルドではないでしょうか。
喘ぎ声や擬音語もあっさり目なので、ちょっとしたエロ成分を補充するのには丁度いい作品かもしれません。

任侠ものでエロとなると、話の作り込みまでは追いきれないのか、全体的にあまり深い内容までは描かれなかった印象です。
少し駆け足気味で詰め込まれた感じも否めないですが、とにかく不破がセクシーなのがこの作品の一番の見どころだったと思います。

『お嬢とヤクザ~若頭の愛撫は甘いが猛々しい』を電子書籍で読む

「ebook japan」で読んでみる

『お嬢とヤクザ~若頭の愛撫は甘いが猛々しい』 原作:一文字鈴 漫画:篁ふみ
価格:660円(税込)

今すぐ読んでみる