『金魚妻』美人妻達が溺れる不倫

有名人の不倫騒動が話題に上がりやすい昨今。
リアルな不倫は嫌悪感を抱かれやすい反面、ドラマや漫画となると人気が出やすいのが不思議なところですが、この『金魚妻』も人妻の不倫を題材にした作品です。
1話ごとに異なる主人公のオムニバス形式なので、「続きが気になってモヤモヤする!」ということもなくさらりと楽しめます。
今回の記事では表題作になっている『金魚妻』の内容を紹介しますね!

こんな人におすすめ!
  • 不倫ものが好き
  • シチュエーション萌え
  • 色々なストーリーを楽しみたい

『金魚妻』あらすじ

一言あらすじ

妻はなぜ、一線を越えたのか?

専業主婦の平賀さくらは、ある朝出勤しようとする夫に口ごもりながら何かを伝えようとします。
「急いでるんだけど」という夫に、思い切って伝えた言葉は「金魚飼っていい…?」でした。
その言葉に、振り返りもせず「好きにすれば」と言い放ち仕事に出掛ける夫。
すぐにさくらの元へ郵便が届き、中身を確認したさくらは立ちすくむのでした。

さて、ここからはネタバレを含みますのでご注意くださいね。

『金魚妻』ネタバレあらすじ

外は蝉が鳴く夏日。
さくらは以前から通っていた金魚屋を訪れます。
嬉しそうな表情で金魚を見つめていると、店主の男性が声を掛けます。
「今日こそ決心がつきました」と金魚を飼うことを伝えるものの、まだどの金魚を飼うか決められないでいるさくら。
店主はそんなさくらに「ゆっくりえらんでね」と声を掛け、店の仕事に戻りました。
ひとまずその日は水槽だけを買ったさくらですが、仕事から帰った夫は自分が思っていたよりも大きい水槽に激高します。
言い争いになりますが夫はさくらの言葉には耳を傾けず、水槽を返すように言い放ち「出てけ」と怒鳴りつけるのでした。
そんな夫に「最近急に冷たくなったね」、「何か私に隠してない?」と尋ねますが、夫は「早くしろ」と言うばかり。
さくらが水槽を手に家を出ると、夫はさくらの居なくなったリビングで浮気相手に電話をするのでした。
重たい水槽を金魚屋まで運ぶと、店主がシャッターを開け優しく出迎えてくれました。
むやみに大きい水槽を勧めたことを謝罪する店主に、さくらは自分の勝手な都合なので返金もいらないと言います。
頑ななさくらに、店主は店の上階にある養魚場で金魚を飼えばいいと提案しました。
迷惑を掛けることを気にするさくらですが、優しい言葉を掛けてくれる店主にさくらの気持ちもほぐれていき、夫が浮気していることを打ち明けます。
売り物にならない金魚を選ぼうとし誤って金魚を地面に落としてしまうさくらですが、すぐに店主が金魚を救い優しくケアをする姿を見ると、「もうちょっとここにいていいですか?」と言いました。
そしてさくらと店主は一線を越え、不倫という仲になってしまうのでした。

『金魚妻』感想

エロ描写 ★★★☆☆

オムニバス形式で、どの話にも必ずエロシーンは含まれますが、描写としては割とあっさりめです。
汁気はほとんどなく、エロシーンではあるもののいやらしさはあまり感じられません。
というのも、青年漫画ではありますが作者である黒澤Rさんは女性とのことで、わざとらしいセックスではなく物語に必要な描写のひとつとして描かれているように思えます。
あくまでメインは不倫に至るまでの物語で、エロシーンはおまけ程度で楽しめるのが女性には読みやすいのではないでしょうか。

シチュエーション ★★★★★

オムニバス形式なので、限られたシチュエーションではなく、様々な立場やシチュエーションを楽しむことができます!
表題作は金魚屋の店内で、または屋上で。
他にも出前に出た先の客の家で病院で夫に見られながら…など、物語それぞれで違ったシチュエーションを楽しめます。
特殊なシチュエーションに萌える方にはもってこいの作品ですね。

読後感 ★★★★★

先にも書きましたが、作者の黒澤Rさんは女性とのことで、女性ならではの心理描写がとてもうまい作品だと感じました。
不倫に至るまではしっかり切なく、妻である女性の心理描写は良く描かれていると思います。
特に表題作の『金魚妻』は元はといえば夫の不倫があったことから、主人公のさくらの気持ちに共感できる方も多いのではないでしょうか。
そして、不倫でありながらも最終的に主人公の女性が不幸にはならないところがこの作品の良い所です。
といっても夫と幸せになるか、不倫相手と幸せになるかは作品によって違います。
不倫という題材にはモヤモヤは付き物ですが、そういったものはあまり抱かずに読めるとことが非常に魅力的です。

 
 
寝取られモノといえばこちらもおすすめです。

『カラミざかり』寝取られ好きには必見

『金魚妻』を電子書籍で読む

『金魚妻』
既刊9巻
著者:黒澤R
価格: 627円(税込)

現在配信している電子書籍サイトはこちら!

配信サイト
Amebaマンガ
BookLive
DMM.COM
e Book Japan
honto
U-NEXT
Renta!
コミックシーモア
まんが王国
楽天ブックス